めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

第14回(2017)Mt.富士ヒルクライム

昨日は第14回(2017年)Mt.富士ヒルクライムに参加してまりました。

今年は70分切りを目指して頑張ってきましたが無事目標を達成することができましました!
年頭の目標で公言してきましたし、それを目標にやってきましたのでホッとしました。

-----------------------------
結果
タイム:1時間09分41秒(69分41秒)
年代別順位:33位/1579人
総合順位:194位/8904人

参考
2013:1時間26分47秒(ブロンズ)
2014:1時間16分58秒(ブロンズ)
2015:1時間14分14秒(シルバー)
2016:1時間11分57秒(シルバー)

-----------------------------

昨年と違い、夜中にトイレには起きましたが、4時の目覚ましで起きるまでよく眠れました。
昨年はほとんど眠れなかったことを考えると大きな違い。これをよいとみるべきか緊張感がないとみるべきか。
朝食は食パン6枚切りにフルグラのココナッツオイル漬けをはさんで3枚、それにヨーグルト。ちょっと食べ過ぎです。残すのがもったいなくて。それにコーヒーを飲めなかったのが残念でした。
心配した天気は曇り。少し寒い気がしますが、とても良いコンディションです。八ヶ岳ハルヒルに続いて好天の中でレースができそうです。

朝食後、ローラーでアップを30分。
アップ 10分
L4 5分 225W
レスト 3分
L5 3分 247.7W
ダウン 5分

あとはホテルから会場入りの区間でやればいいかなという感じ。

 

5時20分過ぎにホテルを出発。道が混んでいてなかなか進まず。それどころか荷物預かり場所での動線が悪すぎてカオス状態。

f:id:k_ayu1:20170612191510j:image
昨日といい今日といい今年の富士ヒル大丈夫か?

ぎりぎりに荷物を預けて事なきをえましたが、預けられなかった荷物があったとかなかったとか…。

 

4000番台のところに自転車を止め、軽量化に。こちらはうまくいきましたよ。
昨年はpoppoさんとお会いできましたが、今年は誰とも会えず。隣の人と話をして時間をつぶします。
しかし昨年は3000番台で今年はそれよりいいタイムで申告したのに・・・なぜか4000番台。正直、レースなんで良識でちゃんと申告してほしいと思ってしまいます。

スタート30分前に2RUN、15分前にOVER BLAST NO CRAMPコーラー味を注入し、スタートを待ちます。あとVO2 MAX BARバナナ味半分をスタート前までにちょっとずつ食べてました。

荷物預かりの関係か10分遅れて選抜がスタート、その後女子のスタートが切られますが、その女子の参加者が多く、3000番台のスタートはすぐそこに女子がいるような始末。これレースになるの?というぐらいの混雑でついに私の第4ウェーブがスタートとなりました。

【スタート地点〜リアルスタート地点】
目標は70分切り。タイム表は69分30秒で作成。
ウェアは半袖ジャージ、ビブ、指切りグローブ(直前までウインブレを着てました)
水はボトル一本弱、OVER BLAST NO CRAMP×1、あと直前まで羽織っていたウインブレを背中に入れスタートです。
パレード区間で、止まってしまうぐらいの混雑。
交差点を左折してリアルスタートとして前が混んでいたらどうするんだろうと思いつつスタートとなりました。

----------------------

【0km〜5km】:斜度6.4% 標高差322m
15:53(15:53) 目標:16:32 -39秒
243.7w nP246.2w 92.7rpm 160/178bpm

案の定スタートとしてすぐ大渋滞。行き場がなくなり減速。まさか上りでブレーキを使用することになるとは。
女子、3000番台の遅い人が道をふさいでいます。なぜ3000番台にエントリーするの?と言いたくなる人も正直多かった。(俺に3000番台を譲ってほしかった。)
少しの空きを見つけてはそこを縫うように走り、インターバルのような状態で脚をつかってしまいます。何とか1合目下の駐車場あたりでまともに走れるようになりました。

 

【5km〜10km】:斜度5.2% 標高差262m
14:30( 30:23)  目標:14:42 -12秒(-51秒)
223.3w nP225.4w 90.9rpm 164/177bpm

この区間はスピード的に合いそうな人と集団で走りました。時折前を引きますが上げてもすぐに追いつかれるので、後ろについて省エネ走法。少し速度が遅い気がしますが、前区間でインターバルが多かったので脚をためるイメージで走りました。タイム的にもわずかに稼げていますのでまずまずな感じだった思います。

 

【10km〜15km】:斜度5.3% 標高差264m
15:31( 45:54) 目標:14:45 +46秒(-5秒)
220.4w nP231.4w 89.7rpm 163/173bpm

ここからが問題。この区間は目標から大幅に遅れます。集団で走っておりそんなに遅い印象はなかったのですが、LAPの結果を見てびっくり。ちょっと遅いぞ。それにお腹が張ってやや気持ちが悪い。朝ご飯を食べすぎたか?
少しあわてますが、まだ貯金はあると思いなおし、次の区間へ。


【15km〜20km】:斜度5.2% 標高差260m
14:59( 60:53) 目標:14:19 +40秒(+35秒)
215.8w nP217.7w 91.8rpm 164/177bpm

引き続き風が強く感じるのでトレインで走ります。ただ、このトレイン、今思えばシルバー狙いの方々のトレインだったなと。明らかに75分ペースです。私の目標は70分を切ること。ここで休まず自分から前に出る必要がありました。ジェルを注入し、我に返ります。大沢駐車場のカーブで集団から離脱してペースを上げていきます。幸い昨年と違い脚の攣りはなく、問題なく走れます。前に1人いてその人と2人で走った気がします。
ただ、20㎞の時点では明らかに目標を下回っているタイムであることを再確認しました。

【20km〜24km】:斜度3.7% 標高差147m
8:48( 69:41) 目標:9:12(-24秒)(+11秒)
206w nP219.8w 154/172bpm 95.9rpm

引き続き2人で走りますが、その方がスパート。私はついていけず、単独に。それでもペースで上って山岳スプリント区間で追いつき追い越します。まだ、脚があることを確認。単独で走りますが、平坦区間での単独は避けたい。幸い前に4人くらいの集団がみえます。実質最後の上り(ゴール前を除く)で出し切るつもりで全力で前を追います。試走の時もこのような状況で前を追いましたが、上りきってしまうと絶対に追いつけないのでなんとしてもそれまでに前に追いつく覚悟で走り、頂上付近で追いつけました。
平坦に入ると前で2人がローテしてくれ、私は4人目。完全に脚を使いきった感じなのでツキイチでしっかり休みませてもらいました。


そして最後の上りへ。
この時点でどのくらいのバッファがあるのかわかりませんでしたが、とにかく残りを出し切り上り終えました。(正直ゴールアーチがなかったのでどこがゴールかわからなかったですが・・・。)


----------------------

【ゴール~レース後】
1時間09分41秒(69分41秒)223.5w nP227.8w 91.9rpm 161/178bpm

f:id:k_ayu1:20170612192033j:image

サイコンを見ると9分台は確認できましたが、69分30分のタイム表よりは確実に遅かったし、スタートで少しスタートボタンを押すのが遅かったのでその時間がどのくらいあったかがとにかく不安でした。(結果ほとんど誤差はなかった)

荷物を受け取り、着替えをして下山の準備をしますがその傍ら写真を撮ってもらったり、ツイートしたり。

f:id:k_ayu1:20170612192025j:image

毎年同じ構図で撮ってもらいました。


走り終わってほっとした気分ではありますが、タイム的な不安もあり何ともすっきりしない感じ。全部を出し尽くしていれば、それはそれで悔いはないのでしょうが、走り終わっても比較的元気なのでこのあたりもなんとなくすっきりしない要因か。

少しゆっくりして下山しますが、tomoさんは既にゴールしているでしょうし、gonさんも多分ゴールしてるかな。あとは会社の仲間が90分切りセミナーの人たちと走っているはず。目を凝らして上ってくる人を観察しますが、頭に風船をつけた先導の後ろには2人の姿は見つけられず。残念ですが、そのまま下りへ。
いつもはもっとコントロールされ下らされる感じがありますが、今年は比較的下山パトロールが緩い。後半は反対車線へはみ出して下山する人も出てきて、なんともコントロールされていない今年の富士ヒルの象徴のようでした。

下山後はいつも通り吉田うどん。
f:id:k_ayu1:20170612192411j:image
その後家族から連絡があり、車を使うので早く帰って来いとのことで、余韻に浸る間もなく帰路へ。

レースが終わったのでマックでグランビックマックとポテト、コーラというジャンクフードの塊を注文し、渋滞もなく帰宅できました。
しばらくやめていた、自宅でのビールも解禁し、久しぶりに食べたいだけ食べましたよ。
やっぱ太るものは旨い!

----------------------

まずは無事富士ヒルを走り終えることができ、かつ年頭に掲げた目標は達成できました。
今年は減量にも取り組み、家族(特に奥さん)には本当に感謝です。
また、練習をご一緒していただいたり、応援を頂きました皆様にも感謝しています。

ただ、なんとなく釈然としないのは、多分平均パワーが昨年よりそして試走より大幅に低いこと。(インターバルインテンシーで93%しか出ておらず、20wも低い。そして流石に昨年よりパワーが低かったことはショックでした)
そしてその代わりにケイデンスが異常に高い。(91.9rpm、試走が75rpm、昨年は83くらい)
これが普段の走りだったら問題ないのですが、なぜか今回はこうなってしまったことが「もやもや」要因です。
減量のせいかと思いましたが、前週の白石峠でパワーは過去最高値ですので、そこは違うかなと。あとはレース週、休みすぎか?
いずれにしろ普段の走りではないのでもっとやれたのではと思ってしまいますし、逆にこの走りでなければ、目標を達成できなかったのかもしれませんので、何とも言えないところがもどかしいです。

 

結果には不満はないのですが、上記の通り正直何とも釈然としないところがあります。でも、これはプラスにとらえる事にしました。8月の乗鞍、そして来年富士ヒルに向けて宿題をもらったと思って、今一度精進しようと思います。(少し休みますが…。)

そして今年がカテゴリーが上がると思っていましたが、来年でした^^;
つまり、来年はカテゴリーで一番若いのでチャンスです。

来年もしっかり頑張ろうと思います。

(今年の富士ヒルについては言いたいことは山ほどあるが、とにかく運営体制を見直ししてくれー!)