めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

5/21 第5回榛名山ヒルクライム

昨日は第5回榛名山ヒルクライム通称ハルヒルに参加してきました。
天気にも恵まれ(恵まれ過ぎ)地元の方のおもてなしも素晴らしく気持ちのいい中でレースをさせて頂きました。

結果は下記の通りです。

タイム:45分02秒
年代別順位:25位

サイコンデータ
45分02秒 14.5km 257.3w nP262.7w 82.4rpm 163/184bpm

f:id:k_ayu1:20170522185152j:image

-------------------------------------
【レース前】
朝、2時起床、2時半出発。前日は9時には就寝できたのでいつもより眠れたが、それでも超眠い。コーヒーと事前に作っておいたフルグラとココナッツミルクを混ぜたものを挟んだパンと小さめのバナナ2本を食べながら、事前受付をお願いしていた会社の同僚との待ち合わせのコンビニを目指す。
4時半待ち合わせながら4時に到着し、同僚を待ちながら少しお腹がすいたのでおにぎりを追加。食べ過ぎかな?あと暑くなりそうなのでボトルに入れるロックアイスとウォータローディング用にソルティライチも購入。待っている間に軽量化も済ませることができた。
4時半前に同僚が到着し受付をしてもらった品を授受していると、見慣れた方がコンビニの前の道を走っています。
なんとPOPPOさんでした。偶然。こんなこともあるあるのですね(@_@)
しばしお話をし、上で会えればと私は駐車場に向かいます。私の割り当てられた駐車場は日本精工さんの駐車場ですが、結構渋滞し、到着は5時過ぎ。
予定では40分くらいアップするつもりでしたが、ゼッケンや計測器等を付けたり準備に手間取り、時間がない。やっぱり当日はバタバタするなあ。八ヶ岳みたいにスタートが遅くないし。また初参加なので集合場所がどうなっているのかわからないのでとりあえず、移動開始。荷物を預けて、集合場所に行くとすでに自転車が置かれ始めている。ただ、このままだと本当にノーアップになるので、周辺を走ります。ちょうどスタート地点あたりです。10分くらいやって暑いので何とかなるかなと思い、川沿いの2000番台の列に自転車を置きました。その後トイレにいっていると6時半から列が動くとの放送が。あわてて戻り、スタート地点に移動しここで再び待機。早く移動した割に待つの長いなあというのが本音です^^;。まあ仕方ありませんね。その長い待ち時間の最中、前の方でバースト音が・・・。このタイミングかと思いますね。パンクに関しては実は他人事でなくかなりドキドキしました。

【レース】
そうこうしているうちにいよいよレース開始。カウントダウンが地元の学生っていうのいいですね。そしてスタートの緊張感は何とも言えませんが嫌いじゃないです。
計測開始ポイントでしっかりlapボタンを押し、サイコンが無事に動いていることを確認。
出だしは人が多く走りにくい。ブレーキをかけるシーンまであって気をつけて走らないといけない感じ。積極的に声を出して気づいてもらう。2000番台でもいろんな人がいて、ふらついている人も結構いる。この辺は申告タイムはちゃんとして欲しいところ。
脚の合いそうな人を探して走るけど、うまく行かず、このままだとペースが遅いのではと思い、単独で頑張って走ります。今回は前にも後ろにもあまりつかず、つかれず単独で走ることが多かったように思います。コースタイムの目安も持っていなかったのでとにかく自分のパワーだけを意識するしかない。この辺りは準備不足です。榛名神社を過ぎるといよいよ辛くなる。とにかく1人でも前に追いつくことだけを考えて上る。最後から2番目の給水ポイントでボトルに水があるにも関わらず、なぜか水をもらいました。スピードを落としてまで何やってんだかわかりませんが、なぜかもらいたくなりました^^;
残り1kmで45分を切れるかな思ったのですが、結構頑張ったのに次に見えたの残り500mの表示。まだ500あって確か1分しかなかったと記憶していますが、ここで心が折れてしまいました。この後一人に抜かれ再度この人を追いかける形で頑張ってゴール。
タイムは前述の通りで目標に2秒届かず。まあ、頑張って走ったのでよしとしますが、こういうのどなたかのブログにも書いてありましたが、やっぱ悔しいですね。
こうして初めてのハルヒルは終わりました。

f:id:k_ayu1:20170522184517j:image

 

【レース後】
ゴール後、荷物の受け取りで着替えをして休んでいるとpoppoさんと合流。

f:id:k_ayu1:20170522184515j:image

poppoさんの誘導で下山待機場所に移動します。初参加の私としては本当に助かります。
移動中、スポーツドリンクと羊羹をもらい、待機場所ではトマト、きゅうり、梅干し、そしてこんなものまで
f:id:k_ayu1:20170522184551j:image
タダで頂けます。

スゲエおもてなしです。やりますね、ハルヒル。
下山の第1ウェーブに自転車を置き、ここで一人だったら退屈なんでしょうけど、poppoと自転車談義。

f:id:k_ayu1:20170522184610j:image

その後、下山のための移動が始まりますが、まあ、ここからが長い。暑いし待機場所にいさせて頂きたかった。天気が良いのでいいですが、雨だったら確実に死にますね。
下山を開始すると、各スタッフや地元の方々が手を振ってくれまた来年と言ってくれます。この辺も素晴らしいホスピタリティー。こんなに歓迎してくれるところないんじゃないかな?
下り終え、なめこ汁を頂き、完走証を頂きますが、裏に何か書いてあれば当たりという至れりつくせりのハルヒル。私は残念ながら当たりませんでしたが、実は私の会社の同僚の分を頂くとハイチュウが当たりました!

f:id:k_ayu1:20170522185219j:image

素晴らしいハルヒル。
あとは、金券を使って買い物をしますが、お金が足りなくて、poppoさんに借りる始末。poppoさん、何から何までお世話になりました。
poppoさんとお別れし、あとは子供の送迎があるので着替えもせず急いで帰宅しました。
---------------

慌ただしレース参戦でしたが、楽しいそして悔しいレースでした。来年は車坂に出ようかと思っていましたが、このホスピタリティーと忘れ物のあと2秒を取りにハルヒルに参加しようと思います。

※なお、ハルヒルの備忘録と前日の出来事をもう1回記事にする予定です。

 

広告を非表示にする