読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

2016 赤城山ヒルクライム

今日は赤城山ヒルクライムに参戦してきました。

結果は予定通り、芳しくなく凡走といったところでした。

もちろん、体重やその他の肉体的要因もありますが、なんせ一番肝心のマインド面がダメダメでしたね。

-----------------------------
結果
タイム:1時間12分44秒(72分44秒)
年代別順位:49位

20.8km 232.7w nP235.4w 86rpm 162/178brm
-----------------------------

 

昨晩レース前にも関わらず、よく眠れた。トイレで起きたものの21時から3時半までグッスリ。

富士ヒル前なんかは一睡もできなかったことを考えると緊張感の無さを痛感します。この辺りからダメ予兆が出ています。

 

朝起きて朝食をとり、宿泊先からスタート地点まで10kmほどサイクリングして、合同庁舎に到着。ぽっぽさんとgonさんと合流するため荷物預け場所で待っていますが、凄い人で結局お会いできず。

f:id:k_ayu1:20160925184129j:image

簡単にアップして自転車をスタート地点に並べてトイレに。帰ってくるとぽっぽさんとお会いできましたよ。おしゃべりをしながら、スタートを待ちます。私は第3ウェーブスタートです。

 

-----------

いよいよレースですが、緊張感なくなんとなくスタート。パレードの最中はなるべく前に行き、程なくリアルスタート。

しばらくあまり上げずに走りますが、これではタイムが出ませんので、少し速いトレインに乗ります。ある程度走った頃、私の少し前で落車。ヒルクライムでも赤城山の序盤の緩い斜面は結構スピードもでますし、人が固まるので、落車が起きちゃうんですね。フレームが折れたようなことを言っていました。おー怖っ。

旧料金所からは今までのトレインから少し乗り換えてひたすら上ります。天気がいいのは嬉しいのですが、陽射しが痛い。ここで一緒になったメンバーと最後までご一緒することに。

このあたりの記憶は曖昧ですが、とにかく集団から落ちないように頑張りました。

姫百合を過ぎて集団は小さくなり4〜5人のパック。ここで結構休んだ感じがあります。ペースが緩んだのであれば、本来飛び出さなくてはならないところを集団に残る事を選択。こういうところで頑張れないあたりは完全にマインドの問題ですね〜。

集団はちょっとまったりお喋り状態でしたので、一杯清水の給水所でお水をもらいもうひと頑張り。ラスト1km位少し頑張りました。最後は、はだけていたジャージのファスナーを上げてゴールするパフォーマンスでゴールしました。

-----------

ゴール後少し休んで、先にゴールしているはずのぽっぽさんを探しますが、お会い出来ず。おのこ駐車場に向かっていると判断し、私も荷物受け取り場へ。

おのこ駐車場に着くと私を探して頂いていたようで直ぐにお会い出来ました。

f:id:k_ayu1:20160925193524j:image

f:id:k_ayu1:20160925193343j:image

 

ぽっぽさんに撮って頂きました。

f:id:k_ayu1:20160925193617j:image

 

このあともう一度、下山待機所を経てゴールに上り直しますが、ヒルクライムのあともう一度上るのは辛いですよね。

下山開始して、ぽっぽさんが半強制的に下山パトロールになってしまいました(^_^)

私はまったりとその集団の後方で下山しました。

 

スタート地点に戻り、完走証を印刷してもらい、gonさんも合流。3人でお店を観に行きますが、私は主目的がありました。

それはこれをゲットすること。 

 f:id:k_ayu1:20160925194922j:image

イオニアさんありがとうございます!

 

その後しばらく過ごして、私は子供たちが遊んでいる前橋るなぱーくへ。gonさんの駐車場はお隣のグリーンドームなのでご一緒しました。

 

家族をピックして、子供の習い事が3時からあるので、一路帰路へ。

簡単に食事をして無事帰宅出来ました。

-----------

帰って来て、今日の走行データを確認していると、私のFTPは231wですが、72分で232.7wで走っています。もはやFTPじゃありませんね^^;

まあ、体重が増えているのでそのせいでパワーが出たともいえるので、一度しっかり測り直したいと思います(この作業が一番ツライのですが…)

 

今回は事前の天気がよくなくてあまり走れず、なんとなくモチベーションが上がりませんでした。体重も重かったけど、一番の原因はモチベーションです。富士ヒルとかのときと比べても思いが全然違いました。

脚を攣る事もなく、筋肉痛になる事もなく、ヘトヘトで動けない事もなく結果的に追い込みが足りませんでした。こういうレースはあとで後悔しますね。

 

幸い10月に今シーズンラストレースがあるので、今回の教訓を生かして、あと半月頑張ろうと思います。