めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて5年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。白石峠をよく走っています。2017年よりレースはヒルクライム専門になりました。

シマノR321 カスタムフィットをやってみた!

この記事の続きといいますか、カスタムフィット(熱成型)編です。

せっかく、R321を購入する訳ですから、カスタムフィットをしない手はありません。(もちろん、お金がかかりますが)

では、カスタムフィットの報告です。

最初にオーブンをプレヒートしておくようです。(10分くらい)

つぎにインソールの土踏まず部分の高さを決めます。

インソールの表側。

インソールの裏側です。

この丸部分にアーチの高さの違うパッドを入れます。今は黄色パッドが入った状態です。

ちなみにもっと高くするには赤いパッドを使います。

私は、黄色パッドがちょうど良かったです。

次に、事前に温めて頂いておりましたオーブンにシューズとインソールを別々に入れます。(1分)

一旦取り出して、ソールを靴の中に入れ更に2分間温めます。

ほっかほっかにと言うか結構熱くなったシューズを履きます。
ちょっと溶けてるイメージです。

ビニールの中に足を入れ、

この機械で真空状態を作り出します。

この時、拇指球に力を入れて立っていないといけません。(2分間)

これが終わると、熱が冷めるまで5分位履きっぱなしで終わりです。


赤丸を見てみてください。

わかります?

よく見ると

写真でいうと右側(左足)が少し拇指球で膨らんでつま先に方向いくにつれて凹んでいます。
逆の足は比較的真っ直ぐです。
もちろん、私の足もその形です。

実物見るともっとわかりやすいのですが、とにかく足の型にシューズが変形しました!
これには、ビックリしました〜!
インソールだけでなく、靴そのものがカスタムできるのは、足に悩みのある人には大きな魅力ではないでしょうか!?

まだ、走っていないのでなんとも言えませんが、 フィット感は想像以上です。

シューズに悩んでる方、一考してみては?

以上、 カスタムフィット(熱成型)編でした!