めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて5年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。白石峠をよく走っています。2017年よりレースはヒルクライム専門になりました。

8/16 モーニングライド 白石峠

4時間6分 100km 24.4km/h 133/179拍 85回転(白石峠の下りでサイコンが停止していた為おそらく106km)

今日は白石峠へ。夏休み明け初のちゃんとしたライドです。
夏休み中の堕落した生活により体重が増えてしまっていますので、登りが心配。

朝、まったりと準備してしまい、出発は6時近く。
外に出ると湿気が凄く、早くも暑い。
いつもの道で向かいますが、峠方面はかなり曇っています。それに雲が黒い。降っている感じがします。

案の定、越生に入る頃ポツポツと降り出します。
結構な降りになってきましたので田中のセブンで一休み。
結果的にはこの辺が一番降っていたかな。
田中の交差点を白石峠に向かって走っていくと、雨自体は止み路面もそんなにウェットではありません。

いつもの白石峠の入り口

写真だけ撮ってTT開始。ホイールはR3、スプロケは11-28です。

出だしは比較的ゆっくり入れました。
とにかく、湿気がすごくて汗が吹き出します。もはや汗だか雨だかわからないくらいジャージも濡れています。

28があると楽なのでついつい使ってしまいます。激坂区間はまずまずでしたが、後半の比較的平らな区間で完全にたれました。脚はまだあるのに心肺のほうがヤバイ感じで、スピードに乗れずむしろ失速。
ヘロヘロでゴール。

30分9秒 6.4km 12.8km/h 172/179拍

全然ダメでした。いささかショックです。
乗鞍まであと半月しかないこの時期にしてはあまりにひどい。
明らかに富士ヒル前と比較してかなりダメな状態。ベストより3分近く遅いので、もはや乗鞍のレースに出るレベルにありません。
原因や言い訳はなんとなくあるのてすが、それ以前の問題ですので。

失意のまま、すぐに下山開始。ウェットな場所もあるので慎重に下ります。

帰りはいつもの物見山、荒サイ。
荒サイに出ると天気もよく、そして暑い。さらにここで異変が。

前輪から空気が漏れる音がし始めたかと思うと、白濁した液体がピュっピュっと飛び散ります。(あくまで自転車の話ですよ)

パンクです。

前輪なので、回転のたびに顔をめがけて白濁した液体がピュっピュっと飛んできます。(あくまでパンクの話ですよ。)

先日、スローパンクした時にシーラントを入れたので、それが出てきているのです。あ、チューブレスタイヤのお話です。

比較的大きなパンクだったのでしょうか、中々止まらず、やっと止まったかと思うと再び、ピュっピュっと飛んできます。(変な話ではないですよ~。)

自転車を路肩に停めて、確認するとこんな感じ。(写真は帰宅後のもの)

赤丸の黒い点がパンク箇所です。

シーラントで止まらない場合、チューブも持ってきていますが残りの10kmなので、空気を6気圧くらいまで入れて再び、走り出します。

たまに漏れる状態が発生しますが、なんとか止まっているので、そのままゆっくり走って帰宅。

帰ってくると4.5気圧程度まで減ってきました。

天気にもタイムもそれにパンクまであった散々なライドでした。

乗鞍までは頑張らないと。