めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

第11回富士ヒルクライム(2014)

6/1に第11回富士ヒルクライムに参加してきました。

2年連続2回目の参加で2度目のヒルクライムレースです。
つまり、ヒルクライムはこの大会しか参加したことがありません。

そして、今年自身の最大の目標にしてきたのもこのレースです。
この記事で宣言してしまいましたので、これで遅かったら恥ずかしいし結構なプレッシャーでした。
結果的に意志の弱い私にはこれが功を奏したかもしれません。

朝、5時に会社メンバーとコンビニで落ち合います。

朝焼けの富士山が出迎えてくれます。

年甲斐もなく緊張したせいか眠りが浅く何度も間が覚め、おかげで寝不足ですが遅刻はせずに済みました。

前日受付をしておいたものを渡し、また私の下山の荷物を預けるようお願いして健闘を誓い合います。

私はいったん宿に戻り、自走にて北麓公園に向かいますが6時なのにすでに暑い。
長袖か半袖+アームウォーマーかで悩んでいたのはなんだったのかという気温ですであっさり、半袖のみに決定。
今回はローラー台を持ってきていませんので、自走区間で心拍を155位まではあげておきました。

到着して 4000番台のスタートゾーンに並ぼうにもすでにかなり並んでいます。
ぽつんと空いた場所があったのでそこに自転車を並べて、日陰に避難します。
そうでないと暑くて仕方ありません。

そうこうしているうちにオープニングセレモニーが始まります。
ソレを合図にアミノ酸と足つり防止のタブレットを飲みます。(今回初の試み)
もっと時間があるように思っていましたが、選抜クラス、2000番とどんどんスタートしていきます。
3000番台のスタート同時に最後のゼリーを飲み、スタートに備えます。

最終的な装備は半袖、短パン、ボトル1本、補給ゼリー1つです。
暑くてボトル1本なのが不安になるくらいでした。

今年は陸上競技場の中からスタートして行きます。

パレード区間はかなりゆっくり走りましたので、どんどん後ろから抜かれます。
昨年はスタート前、一度止まって深呼吸をしてからスタートしましたが、今年ななんとなくそのままスタートしちゃいました。

課題の入りは少しは学習したのか、比較的ゆっくり入れました。
ここでも結構抜かれますが、あわてずに騒がず安定して走れたと思います。
一合目下を過ぎると適宜、列車に乗ったり引いたりしますが、自身のペースより少し上かなと思う速度で走ります。
心拍は常時160台後半、時折170台前半まで上がりますが私にとってのちょうどいいゾーン。試走の時は低すぎたので、ここを維持していきたいところです。

5kmごと、ラップタイムを図ろうとしますが、例によって最初の5kmを押し忘れます。
道路標識は起点から何キロという表示です。
さらに24km地点からのスタートですので5km地点は起点から19km標識地点、10キロ地点は14km標識なのですが、ついつい15km地点で押してしまいます。
もう、LAPはあきらめて、走りに集中します。(レース主催側で出していた看板を頼りにすればよかっただけなのですが。)

2合目から3合目中盤までは休まず走れたと思います。心拍も常時168位でしたし。
ほとんど一人になることなく、誰かについたり、自分が先頭の場合は前の人にブリッジをかけるように走ることができたと思います。

また、時折ギアが足にかかるといいますか、いい感じで走れることが何回かありました。
今後はこんなことがあった時はどんどん回し続けたほうがいいかなと思います。

ただ、アウターへの入りが悪くインナー固定でスプロケだけで変速するはめに。昨日まで問題なかったのに・・・。

3合目後半からは、かなり辛くなる時間が増えてきます。
心肺というよりどちらかという足側の問題です。
今思えば、このあたりが一番つらかったかもしれません。なんとかしのいだ感じがします。
また、持ってきたゼリーを飲むのですが、事前にキャップを緩めておく予定がそれをしておらず、揚句にそのキャップ自体をバックポケットに入れる際、ゼリーを手にこぼしてしまうハプニングも。ここから先手がべたべたとなったのは言うまでもありません(ゴール後はかぴかぴに固まりました・・・)

4合目からは再びリズムが出てきました。
このあたりからは再び斜度がきついところが出てきますが、うまくこなせた感があります。TT区間は全く無視してペースで走ります。

最後の坂(ゴール前を除く)を登りきるとフラット区間ですが、列車がない。
坂を登っている時から感じていましたが、周りに人が少ない。

結局、下ハンで一人で走りますが、速度が上がらず何とか前に一人で走っているマウンテンバイクの人に追いつき、私の後ろについた人と3人ぐらいで走ります。

最後は私の後ろにいた人に引いてもらう形となりましたが、そこまで速度は上がりませんでした。(昨年はいいトレインに乗れたんですが)
そしてここで脚を使い切り、最後の登りはダンシングでしのぐのがやっと。たぶん10人以上に抜かれたと思います。

なんとかゴールし、サイコンを確認すると1時間23分ぐらい。
パレード区間をどれくらいで走ったかわかりませんでしたが、おそらく20分切れた感じはありました。

ただ、その瞬間はタイムはどうでもよかったです。とにかく出し切った感がありましたし、「あそこでもっと」とか「ああすればよかった」と思う所はほとんどなかったから。

ここで下山用の荷物を受け取り、

写真を一枚撮って頂きました。

すこし5合目でゆっくりしたのち下山へ。これから登ってくる会社の人を探しながら列に並びます。
下山が始まりますが、サドルに座るとお尻が痛い。ちょうどサドルと足の接地面。体重を乗せようもんなら、痛くて漕ぐこともできません。結局下りなのにダンシングスタイルを多用し腰を上げて、ゆっくり下りました。

下山して、吉田うどんをいただきながら、速報タイムをネットで確認すると、1時間16分台!(限りなく17分に近いですが)

目標にしていた、 1時間20分 を切ることができました!

昨年より約10分、試走より約5分縮めることが出来き、結果的にも満足です。

前述のとおりこのレースをターゲットにと言ってきただけに、うれしいというより、ほっとした感が強いです。

その後、家族と合流し渋滞前に帰路につくことができました。

家では、1週間前から禁酒していたビールをしこたま飲み、ご飯も山ほど食べ
帰宅直後の体重から3kgも増やすことに成功しました(T_T)

今は大きな目標は達成でき、かなり気が抜けてしまっていますし、しばらく走りたくないのが本音です。

当然、今日から朝練もやりませんし、ローラーなんてもってのほか。

少なくても週末までは自転車に触らないで過ごすことになると思います。