めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

いよいよ、ジロ!

只今、出張帰りの飛行機の中でブログを書いてます。更新は着陸後になりますが。

さて、今日からいよいよ待ちに待ったジロ・デ・イタリアですね!

クラシックが始まったと思ったらもうジロ。時間が流れるのが早く感じます。(歳です。)

最近のニワカファンの所見ですが、個人的にグランツールの中で一番面白いと思うのは、ブエルタ・ア・エスパーニャです。ツール後及び世界選手権の関係で、有力選手の数が少なく実力が拮抗しているからだと思っています。激坂も多いし。
そういう意味では坂が多いのはジロも一緒。
そして今回のメンバーは絶対的有利な選手(チーム)はいなくて、とっても楽しめそう。
ダニエルマーティが勝った年のように混戦で最後まで目が離せないレースになる予感。

そんな中で本当に残念なのはリッチーポートが出られない(出られる体調にない)事。
万全であれば、勝てたかもしれないと思っていますのでファンとしては寂しい限りです。

ではだれを応援するかというと無冠の帝王と言ってもいいホアキンロドリゲスです!リッチー同様、背格好が自分と似ている選手を応援しちゃいます。
一昨年のブエルタなんて絶対勝ったと思われたのにコンタ君に大逆転されたり、グランツールの表彰台ではよく見ますが、頂点に立ったことはありません。

苦手なTTは距離はあるもののホアキン自身も言っているように比較的遅れなさそう。
そうなると安定感から見ても他の選手よりホアキンにはチャンスがあると思います。
対抗はキンタナかな。去年のツールのようにベルベルデのセカンドエースという立場ではなく、プレッシャーのかかるエースとして臨んだ場合どうでしょうか。
あとエバンスか。ベテランですから、チャンスを虎視眈々と狙っている感じがします。また調子はいまいちですがウランもいますね。
もちろん、これ以外の選手も実力が伯仲してますのでやっぱり混戦でしょう。

あと、むしろ最大の願望と言っていいのが、新城幸也グランツール、ステージ優勝です。
今年のクラシックの走りから見てもかなり期待していいのでは。
チームの中でもある程度自由もあると思いますのでローランのアシストをしつつ、是非勝って欲しいです!
別府選手はアシストに徹しないといけない立場のような気がしますが、日本人が二人もでているわけですから否応なく応援しちゃいます。

ジロの最終日が自身の目標でもある富士ヒルクライムと同じ日なので、なかなか全ステージをライブで見るのは難しいかもしれませんが、3週間楽しみたいと思います!