めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて5年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。白石峠をよく走っています。2017年よりレースはヒルクライム専門になりました。

ブレーキシュー

昨日ブログを更新したつもりでしたが、更新できていなかったので改めて。
 
今日は雨ですが、この雨で峠の雪が解けてくれるといいなと思います。
また、週末の天気が不安ですがしっかり走りたいな。
 
ここからは昨日書いたものをそのままです。
 
今後ホイールはBORA ONE 35とRacing3との併用にあたり
荷物が変わることは先日書いた通りなのですが、今日はブレーキーシューについて。
 
カーボンとアルミですのでシューが違います。
 
ライドの都度シューを変えることはかなり面倒なので両方使えるシューが売られていたりしていますが、ショップや友人からのご指導を総合すると、やはり併用はやめたほうがいいとのこと。
一番の理由は、アルミ片がシューに残っていてそれをカーボンで使うとリムを痛めてします可能性があるからだそうです。
また、今回BORA ONE 35はかなりブレーキ面が進化したようなので、純正のシューを使うほうがよいとのことでした。
この点について同意ですので、素直に従います。
 
ではどうするかというと、毎回ブレーキからシューセットをはずし、シューセットからシューを外しとなると結構な作業なので、今回は舟ごと購入しました。
ショップで6800のシューセットを探します。
スモールパーツとして取り寄せになるのですが、在庫がないとのこと。
なので、6700が格安になったいたこともありそれを購入。(色が微妙ですが)
 
もともとの6800の舟にカンパシュー、6700に6800についてきたR55C4(シュー)を取り付けることになりました。
 
これで、舟ごとの交換だけでいいのですが、それでも毎回毎回作業するの面倒ですね。前回、それも楽しもうと書きましたが、天気や行先を見つつ極力事前に交換しておこうと思います。