めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて5年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。白石峠をよく走っています。2017年よりレースはヒルクライム専門になりました。

上半期のレース、イベント

明日の雪でしょうか?予報通りだと積もりそうですね。
そうなると、日曜も走れなそう…。
火曜日までには溶けることを願うしかないのでしょうか。

さて、そろそろレースや各イベントの申し込みが続々と始まっていますね。

以前にも書いたとおり、通常なら色々考える時期ですが、今年に関しては転勤の可能性があるので、
迂闊に申し込みができません。

決して安くない申込料を払い、DNSは避けたいところです。

すでにファンライドの主催の東京エンデューロには会社のメンバーと申し込み済み。

その後どうするか。

ただ申し込まなければいいので、転勤がなかったことを前提に検討を始めます。

まずは、6/1の富士ヒル、これには出たい。
登りオンリーのヒルクライムレースは好きではないですが、去年も出ているし一年前と明確な比較が出来るので、なんとか出場したいところです。
今年もエントリーが激戦でしょうね。

富士ヒルにピークを持ってくるとするとここから逆算します。

開催日は6/1なので去年も行いましたが、2、3週前には試走がしたい。

5/17、18辺りが試走。

ゴールデンウィーク後半は家族サービスのため不可。

そうなると、4月中旬~下旬がターゲットになる。

では何に出るのか?

レースを一緒に走っている会社のメンバーの一人は完全に転勤が決まっていますし、秋から始めたメンバーも第二子がもうすぐ生まれますので、少し不安定です。

個人戦を前提に考えるべきか。
富士ヒルの前哨戦的にヒルクライムに出るか、個人でエンデューロに出るか。JCRCか。

4月中旬~下旬の主なレースは会社は、
ヒルクライム
ツールド八ヶ岳(4/20)
ツールド草津(4/20)
日光白根ヒルクライム(4/20)
東京ヒルクライム(4/20)
エンデューロ
KAIMAKU'14 Wizspoシリーズ(4/12)
●JCRC
第三戦群馬CSC(4/13)

ざっと調べたところこんな感じ。
4/20はヒルクライム特異日ですね!

逆に一番多そうなエンデューロはこの時期ほとんどなし。

これは素直にヒルクライムかなぁ。

でも、ヒルクライムってお金出して登るのなんかバカバカしく感じてしまうんですよね。ただでさえ富士ヒルに1万も払って出るので。
また、確か去年のツールド草津は雪で中止だったので、それも考えちゃいます。

もう少し考えますが、転勤があれば取らぬ狸の皮算用になります…。