めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

タイヤのお話

今日は寒かったですねー。あす朝はさらに下がるようなので、おそろしいです。

さて、毎日のようにBORAの事をブログに書いていますが、ホイールとくれば当然タイヤが大事です。

初めてのカーボンホイールで初めてのチューブラータイヤはこちら。

HUTCHINSON CARBON COMPです。

こちらは私がセレクトした訳ではなく、ホイールのところで書いた通り、ショップでホイールとタイヤのセットで購入しています。

国内の定価は、9,030円です。クリンチャーに比べたら高いですよね。

私はRACING3で、チューブレス(こちらも期せずしてHUTCHINSON)を使っているので値段的なインパクトはそこまでありませんが、冷静になるとタイヤ1本が10000円近いですから、恐ろしくなります。

それにチューブラーは基本的に、パンクしたらゴミ箱行きですから、コストを考えたらとても使えたものではありません。
改めて、自転車はお金がかかりますね(T_T)

まだ走っていないのでホイール、タイヤのインプレはできませんが、インプレする際は、ホイール単体ではなくあくまで、このタイヤとのセットで感想になります。

また、クリンチャー、チューブレスとは違うのは脱着やパンク対応でしょうか。

ご存知の通り、チューブラーはリムにセメント、テープで貼り付ける訳ですから、大きく違いますね。

出先でパンクしたら、基本は張り替えになります。そういう意味では予備タイヤを持って走るもことになります。

この辺はクリンチャーは有利でしょうか。

ともかくこれでクリンチャー、チューブレスそして、チューブラーとロードバイクのタイヤの全てを使う事になりましたので、この辺りの事もいずれ書きたいと思います。