めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて5年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。白石峠をよく走っています。2017年よりレースはヒルクライム専門になりました。

UCI WORLD TOUR開幕!

今日は、風が強いですね。子供のマラソン大会を観てきましたが、寒かったです。

さて、こんなに寒い日本とは違い、南半球のオーストラリアは灼熱地獄だそうで、なんと連日40度以上の猛暑が続いているそうです。

そして、今日19日から(本格的なロードレースは21日)Santos Tour Down Underが始まります!
このレースはUCIのワールドツアーの開幕戦に当たりますので、当然ですがプロチームの18チームが一同に介します。

開幕自体ももちろん楽しみですが、緒戦となりますので、
各チームの今年の自転車やホイールといった機材面、ジャージなどのアパレル面も気になるところです。
(これによりまた物欲が強くなるのですよね〜。)

今年のストーブリーグはドーピング問題や世界的な景気の問題で、チームが無くなったり、チーム名変更、有名な選手でも未だ契約がない等厳しい面が続いているようです。

チームで言えば、自転車メーカーがそのままスポンサーになるケースが増えました。
今年で言えば、
レディオシャックTREK Factory
アルゴス→GAINT
去年はCannondaleがそうでしたし、
BMCも自転車メーカーですね。

チーム名変更は
思わず笑ってしまいましたが(そのイザコザも含めて)、
サクソ-ティンコフ→ティンコフ-サクソ

無くなっちゃたのは
ヴァカンソレイユ、エウスカルテル
去年のゴタゴタで19チームだったので、これで17。
新規は
我らが新城幸也のヨーロッパカーで、これで全18チームです。

別の側面で、バイクの供給先の変更ですが、(現時点で私が知る限りですが)

まずモビスター。
PINARELLO→Canyon
これは、PINARELLOのいじめみたいにスカイ優先の体制に嫌気が差したのでしょうか?
個人的に好きなブランドですので、楽しみです。カチューシャと差別されないといいですね!

続いて
GIANT-Shimano
FELT→GIANT
GIANTがスポンサーになったので当然ですね。GIANTとしてもエウスカルテルよりこちらの方がキッテルなど素晴らしい選手が多いので魅力的でしょうね。

BELKIN
GIANT→Bianchi
私、前のバイクがBianchiでして、バカンソレイユが弱すぎて、楽しくなかったのですが(今はPINARELLOに乗り換えてスカイが強すぎてこれはこれで微妙ですが)、BELKINなら、そこそこ勝てるのでは?

まだあるかも知れませんが、ニューバイクとかカラーとかこちらはこちらで楽しみです。


何はともあれ、楽しみなシーズンが始まりました!