めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

自転車のライト(フロント編)

前回、テールランプについて書きましたので、今度はフロントです。
 
フロントは各社からいろいろ出ていますが、私としては法律としての灯火義務があるからのライトではなく、前回も書きましたがジャパンカップの帰り道を安全に照らしてくれるライトが必要です。
 
いろいろ調べていますと、自転車専用のものではないですが、GENTOS(ジェントス)閃355Bが、ローディーの間でも評判がよく且つコストパフォーマンスがよいので購入しました。
 


 
ただし、付属のソケットは25mmまでしか対応していないので、ドロップハンドルにはつけられないよう。
しかし、今回はアマゾンで購入しましたがロード用に使用する人も多いようで、こちらを買うと併せてBIKEGUYのライトフォルダーももれなく購入しているようでした。
評判もまずまずなので、併せてこちらも購入。


 
ライト購入に際しては閃325と迷いました。
325のメリットは
・325のほうが明るい(150ルーメン)
・価格が安い
・上記のようにフォルダーは別売りを買うからついていなくても問題がない。
逆にデメリット
・点灯機能がない
・色がシルバーのみ
・やや色が黄色いらしい
ところです。
 
フロントを点灯させる必要は無い気もしますので、デメリットは少ないと思いましたが、単純にルックスとして黒がよかったので、355を選択しました。
 
 
 
一方、フォルダーのほうですが、写真で見る限り、かなりちゃちー感じ。走ると動きそうでしたが、実際つけてみると意外にもよくフォルドされます。
 
実際つけてみました。
 

 
 
かなり明るい感じなので、心配なく走れそうです。