めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

自転車を始めた理由 part2

part1からのつづき
 
こうして併用はあきらめたのですが、まず困るのはママチャリがないこと。
 
駅まで歩けない距離ではないですが、朝の時間を考えると自転車はほしい。
また、休日も買い物や子供と図書館や公園の近場なんかであれば、車で行くよりママチャリが楽。
どんな自転車であれ、必要なところは変わりません。
 
一応検討に際してクロスバイクというものがあることがわかっていましたので、単純にママチャリの買い替えかスポーティーなクロスかという検討なります。
まがりなりにも少し自転車を調べた関係で、クロスバイクに心が動いていました。
 
ただ、part1でも書きましたが、やはり価格が高い。当時5万〜10万の自転車を買ってほしいとはかみさんには言えませんでした。
それにやはり、ママチャリとしての機能がないのも通勤にはマイナスです。
泥除けやスタンドをつけたりしなけばなりませんので別途価格もかかりますし、実用面からもかごは必要です。
付けて付けられないわけではないのも知ってはいましたが、それもなんだか意味がないような気がしました。
 
そこでたどり着いたのが、ママチャリ風クロスいやクロス風ママチャリです。
 
近くに自転車全国チェーンのあさひ自転車がありましたので、行ってみるとあるではないですか、そのジャンル。
かご、ライト、泥除け、スタンドがついた少しスポーティーな自転車、プレジョントレッキング。値段も19,800円。
ママチャリとの差がなんなのかわかりませんが、これでいいや的に購入に至ります。
 
おもに通勤と買い物に使い始めたわけですが、ネットで調べてみると、この自転車をいじくっている人が結構います。 
タイヤを変えたり、かご等を外してスポーティに乗ったりしている人までいました。
強者はもはや完全なクロスバイク化にしたり、フロントを多段化にしている人までいます。
 
そんなサイトを見るつけ、週末かごを外して走ってみたり、サイトを参考にハンドルバーをストレートのものに変えてみたりと少しづつはまっていきました。 
この頃(6月ごろ)にはロードをはじめとする自転車がブームになりつつあり、ロードバイクに乗っている人たちが特別な人ではなく趣味でやっている人も多いことを知ります。
 
そして、自分の家の近くに荒川サイクリングロードなるものがあることを知ります。
 
そこでロードを始める決定的なことが起きたのです。
 
part3に続く。