めざせ!チマコッピ

ロードバイクを始めて丸4年。この度貧脚のくせにs-works tarmacに乗り換えました。奥武蔵をよく走っています。

自転車を始めた理由 part1

僕が、ロードバイクに乗っていることは友人や会社の人の間ではだいぶ定着しつつあるのですが、その際に必ず聞かれるのは「なぜ始めるようになったのか。」
 
もともとやっていたの?とか
健康のため?とか
最近ブームだもんね 
だとか言われるが、一部その意味もあるがそれが明確な理由ではありません。
大したきっかけでないのですが、自身にとってもいい機会なので改めて、振り返ってみたいと思います。(人身事故で電車が動かないのでちょうど良いというのもあります)
 
まず、きっかけになったのは、
2012年4月に通勤用(駅までの1キロちょっと)の量販店で購入したママチャリの変則が壊れタイヤがパンクしたこと。
6年位、雨ざらしで使用していたので仕方ない。
(ここからロードバイクにたどり着くとは夢にも思いませんでした)
 
この時まで、修理はおろかパンク修理をしたこともありませんでした。
 
かなり錆びてもいたし、修理するより購入したほうが安いと思い自転車の購入を検討します。
その時せっかく買うのだから、単に通勤だけでなく趣味の山登りに生かせないかを考えました。
山登りをする際、駐車場から登山口まで林道があったり、マイカーが通行禁止になっていたりして、要は登山に来ているのに舗装路や砂利道を結構な距離歩かなくてはならないことが多いのです。
 
そのアプローチに自転車が使えないかと思ったのが最初にきっかけです。
なんとなく一応高校時代通学用にロードマンに乗っていましたのでロードバイクとマウンテンバイクが違うことくらいはわかっていましたが、それ以降の全く知識はないので、自転車を調べ始めます。
 
そこで分かった大きなことは
 
?スポーツ自転車にはロード、マウンテン、シクロそれにクロスバイクがあること。
?そのジャンルにはそれぞれ特徴があり、それに特化していること。
?そして恐ろしく価格が高いこと。 
 
また、通勤と山登りのアプローチ用は両立しないことを知ります。
通勤用は小雨程度では乗るし、通勤バックを持ちスーツで駅の駐輪所まで乗るのでかごや泥除け、チェーンガード、スタンドは必須です。
スポーツバイクにはそんなものついていません。あとライトもか。
 
また、走る林道が、砂利道か舗装路か、登山口においておけるのか等さまざまな問題が出てきました。
さらにママチャリが1万円で買える時代に、少しスポーティーであるので3-4万程度は想像していましたが、十万近い金額なんて出せるわけもありません。
 
この時点で、ママチャリと登山用に使う自転車の併用はあきらめることになります。
 
part2につづく